沖縄には多くの島がありますので、その間はフェリーや飛行機を使って移動することになりますが、島全体を回るのであれば車が便利です。レンタカーも港や空港に営業所があることから利用しやすい環境にありますが、すべての人が運転できるわけではありません。そんなときにこそ、沖縄で観光バスが大活躍をします。

効率よく観光スポットをまわれる

観光バス
これは沖縄だけに該当するわけではありませんが、効率よくスポットを回る事ができるのが観光バスになります。これだけで大きなメリットがあることを理解しましょう。沖縄には数多くの観光スポットがあります。本島にしてみれば、意外と広いことから効率よくスポットをまわるとするなら、事前計画が必要になってくることも。意外と面倒です。

公共の交通機関の時刻表を調べたり、レンタカーを利用するとしても事故の問題などありますので、考えれば考える程不安を感じることもあるでしょう。そのよな問題を払拭して効率よく観光スポットをまわることができるのが観光バスです。

ツアーの中身をよく研究しておこう

観光スポットを効率よくまわれる理由からバスを利用するのは悪くない選択ですが、気をつけないといけないことも。当然のことですが、自分が行きたい観光スポットがツアー計画に入っていなければ意味がありません。あくまでも自分が行きたい観光スポットをピックアップして、そこからツアーを選ぶようにしましょう。けっしてどこでも自由気ままに自分が求めるところに行ける手段ではないことを理解してください。ただしどこでも良いのであれば、これほど詰まったプランはないでしょう。

自分の行きたいツアーを見つけることが大切

観光用バス
たとえば美ら海水族館は沖縄の観光スポットのなかでも有名です。本島の観光バスツアーであれば、該当するツアーも多いですが、他との組み合わせが重要になってきます。絶景の古宇利島やブセナ海中公園・海中展望塔、ナゴパイナップルパークが組み合わられているツアーも多いですが、そのなかに自分が行きたいところが入っていなければ意味がありません。だからこそツアーの中身を吟味してください。あくまでも自分が行きたい観光スポットを効率よくまわるための手段として観光バスがあると理解することが大切です。

島を回る観光バスの運行も多くなった

沖縄本島に圧倒的な観光バスツアーが多いですが、他の島でも増えてきました。石垣島や宮古島の観光バスもありますので、積極的に使うと良いでしょう。レンタカーの利用も良い手段になりますが、自分で運転をすることになりますので、きついこともあるでしょう。しかしバスであれば運転をすることもありません。楽に乗ることができます。

料金の問題

一人や二人の人数で観光バスを利用するとなると、それほど違いが出ることはありません。しかし団体となるような人数3人を超えるようなことになると、レンタカーを借りた方が安上がりになることも。あくまでも観光バスはスポットを効率よくまわることができ、そしてバスガイドさんから沖縄の知識を得ることができるツールです。レンタカーにはそれがありませんので、安上がりになると考えることもできるでしょう。ひとりやふたりでまわるのであれば、観光バスを使った方が安上がりになるのは間違いありません。

出発帰着も自由にできることも

バスターミナルに集合したり、ホテルで待っていれば良いなど、ツアーによってさまざまです。事前予約しているツアーであれば希望した場所で乗車することができますので、予約をおすすめします。しかし予約なしでもその場の決断で観光バスを利用することも。そうなると乗車や下車に融通がきかなくなることもありますが、こんな利用も可能です。

ただし繁盛期になると、沖縄観光バス自体が予約で埋まっていることも。観光シーズンになると予約は必須と考えてください。ただし本島以外になると、意外と空いていることも。しかし確実に利用したいのであれば、予約は合ったほうが良いです。効率性を考えたときにも利便性が高くなるでしょう。

荷物をバスに置くこともできる

荷物
公共の交通機関となると荷物の持ち歩きが必要になります。計画が狂ってしまい、バックを持ち歩かないといけなくなるようなことも。秋になると沖縄でも肌寒くなることもありますので、服装に困ってしまうこともあるでしょう。そんなとき荷物をバスのなかに置くことができますので、ここにも利便性が高いことがわかるはずです。

公共交通機関との違い

とにかく時間を待たないといけないようなことがありません。もちろん観光バスにも時間制限があって観光スポットをまわることになりますが、あと数時間待たないと路線バスがないといったことは確実に減らすことが可能です。ここにこそ観光バスのメリットがあることを忘れないようにしましょう。

効率よく沖縄を回りたいなら観光バスがおすすめ

なにもスポットを効率よくまわることができるのが、観光バスだけではありません。それ以外にも優れた利便性を持っていますので、ここに気付いて利用してください。