沖縄には魅力的な観光スポットが多く、マリンスポーツも盛んな場所です。スキューバダイビングをして翌日は魅力的な観光スポットを巡るプランも人気になっています。ただそのときに問題になってくるのが移動手段です。マリンスポーツは現地で楽しむことができますが、観光スポット巡りはそうではありません。だからこそ移動手段に関心を持ちましょう。

沖縄と観光バスの相性

レンタカーを借りる人も多いですが、本島は滑りやすい路面になるとよく指摘されており、特に雨になると気をつけないといけません。公共交通機関も本島ではゆいレールを始めてとしてバスも活用することができますが、便を待つ必要が出てきます。そのようなことがないのが観光バスです。つまりとても相性が良いことになります。

希望するツアーに参加できる

本島は魅力的な観光スポットが多いですので、楽しむことができるでしょう。しかしそれを計画するのは、調べるなどの労力が必要になります。しかし観光バスであれば、ツアーのなかにあるスポットを巡ることになりますので、自分でわざわざ計画する必要がありません。たくさんのツアーがありますので、自分が行きたい観光スポットを最優先にして、そこからツアーを選ぶと楽しむことができるでしょう。

本島以外の島でも便が増えている

本島だけの移動手段と考えている人も多いですが、観光バスを運行する他の島も増えています。人気の観光スポットである宮古島や石垣島でもバスの運行をしています。これらのスポットは本島に比べるとマイナーなところが多く、調べるとなると労力も必要になるでしょう。訪れたからには行っておきたいスポットを巡るツアーが計画されていますので、安心して参加することができます。

相性が良い観光バス

沖縄の観光ととても相性が良いのが観光バスになります。もちろん公共の交通機関やレンタカーを使った移動手段を否定することができませんが、ここにバスの選択肢も入れておくと幅広い活用ができます。

レンタカーも沖縄で移動するときに大きな移動手段になりますが、ここは公共の交通機関と観光バスを比較してみましょう。そうすると意外なメリットが見えています。移動手段に困ってしまうのも観光ですが、その問題をクリアにすることができるでしょう。

公共交通機関のデメリットは待たないといけない

どこも同じですが、公共交通機関は便を待たないといけません。それは沖縄でも同じです。ゆいレールやバスなどを使うことによって、効率よく観光地をまわることができるのも沖縄。特に玄関口である那覇空港からゆいレールは大活躍することになるでしょう。それでも便を待たないといけないデメリットは揺るぎないものです。

観光を終えても、交通機関の便がなければ足止めに遭うことになります。これが観光客の不満になり、これを嫌ってレンタカーの利用をすることも多いです。しかし観光バスであれば運転をする必要はありません。ここに公共交通機関と観光バスに大きな違いが存在しています。

島によって十分な便がないことも多い

本島ではそうでもありませんが、他の島になると公共の交通機関が整っていないことも多いです。そうなると待たされることも多くなりますので、ここに本島以外の島と観光バスと相性が良いことがわかるでしょう。待たされることなく観光スポットをまわることが可能です。

観光バスは計画通りに運行する

計画がすでに決まっていますので、巡りたいスポットが含まれていないと満足度に繋がらないこともあります。しかし決まった時間で運行をしていますので、移動に待たされることはありません。移動をするときもっとも疲れる時間でもありますので、それを軽減させることもできます。

違いを見極めて選択しよう

このように公共交通機関と観光バスに明確な違いが存在していますので、その差異を理解して移動手段を選ぶようにしましょう。観光スポットが縛られることから自由度がなくなるデメリットはありますが、移動手段として観光バスは優秀です。

予約をするのが基本になると考えている人も多いのが観光バスです。沖縄は国内でも人気の観光スポットになっており、予約は必須と考えている人も多いですが、そんなことはありません。予約なしでも利用することができます。

予約なしでも利用することができることも

もちろん空席があるときは、予約なしの当日申し込みで乗り込むことができます。主にシーズンオフのときに起こることが多い状況になりますので、そんなときに活用してください。気分で沖縄に来てみたものの、観光スポットを調べるほど暇がないときもあります。そんなときこそ観光バスは主要な沖縄のスポットを効率よくまわることができますので、利用しやすいです。

予約をすることで受けられる恩恵

ただし予約をすることによって、利用者に大きなメリットがあります。乗車するときに場所を指定することができることも。ホテルまで送迎というかたちで利用することもできる観光バスもありますので、とても便利です。最近の傾向としてこのようなサービスが増えていますので、予約をすることによってメリットもあることを知っておきましょう。何事も計画通りに行うことで、利便性が高まるものです。

観光シーズンの予約は必須となる

ひとつ気をつけてほしいことは、観光シーズンになるとツアーが入りますので観光バスも混むことが予想されます。つまり予約が必須となりますので、必ず申し込みをするようにしましょう。特に参加したいツアーがある場合は、予約をしておいた方が懸命です。当日の申し込みでは間に合わないこともありますので、なるたけ予約をすることをおすすめします。

いろんな状況でも利用できる沖縄の観光バス

気分的に観光バスを使いたいこともあるでしょう。そんなときでも予約なしで乗り込むことができるツアーも沖縄には多いです。様々な観光客の状況に応じて利用することができますので、移動手段の方法としてバスを検討するのも悪くはない選択肢になります。

一人旅になると公共の交通機関を使って沖縄旅行を検討することも多いでしょう。もしくはレンタカーの利用を考えている人もいます。ただしそれらの移動手段はいろいろとデメリットもありますので、一人旅に向かないことも。そんなとき観光バスもおすすめです。

観光バスが一人旅でおすすめになる理由

お金がかからないのが大きなメリットになります。公共の交通機関も積み重なることによって大きな金額になってしまうことも。レンタカーになると、一人であればコストパフォーマンスがあまりよくありません。このような点からみても、観光バスはとても優れています。何よりも運転をせず、ただ乗り込むだけで観光スポットまで運んでもらえるのは大きなメリットになるはずです。

神経を使わないで済む

公共交通機関を使うとなると、時間を気にしないといけません。待たないと来ないこともあり、その時間こそ無駄に過ごす原因になってしまいます。レンタカーになると運転をしないといけません。沖縄は意外と道路が多く、車の量も多いです。島だから車の数が少ない先入観を持っている人も多いですが、けっしてそんなことはありません。意外と運転に神経を使うことになります。これを排除することができますので、一人旅に観光バスは大きなメリットを持ちます。

ただし話し掛けられる可能性大

いろんな一人旅における観光バスのメリットを感じることができたはずですが、ただひとつ懸念しておかないといけないことも。それは話しかけられることです。観光シーズンになると、隣に人がいることも多く、それがきっかけで話し掛けられることも多いです。これは一人旅における宿命でもありますので、受け入れてください。

一人旅で観光バスもけっして悪い選択肢ではない

公共の交通機関そしてレンタカーの手段も一人旅に優れていますが、そこに観光バスの選択肢も入れましょう。費用対効果も高いですので、優れた一人旅の移動手段になるはずです。

他のお客さんと和気あいあいするのも観光バスの楽しみ方になります。沖縄の旅行となると、いろんな場所から観光客が集まりますので、仲良くなることもできるでしょう。しかしそれが苦手な人もいます。そんな人も含めていろいろと気を使わない観光バスの使い方があります。

意外とひとりで寡黙に過ごすことができる

ひとりで参加したい人もいるでしょう。レンタカーを借りるのも良いですが、迷ってしまうことも多いのが沖縄。公共交通機関を使うにしても、時間を待たないといけませんので、使い勝手が悪いことも。このような事情から観光バスを利用する人も多いでしょう。しかし意外と寡黙に過ごすことができるものです。

話しかけられたくない空気を出していれば、それだけで予防線を張ることができます。その空気づくりをすることで寡黙に過ごすことができますので、あまり心配しないでください。

人が少ない時期であれば交流も少なくなる

それでもひとりで参加していれば、隣に誰かいると話しかけられる可能性もあります。そんなときにおすすめできる対処方法は、シーズンオフを狙うことです。観光シーズンではない時期を選ぶことによって、バスの利用人数も減っていきますので、時期を狙いましょう。

運転をしないメリットは大きい

レンタカーを借りて運転することになると、事故は許されません。保険に入っているとしても、十分では無いことも起こることも。そんなときにも観光バスは大きな効力を持つ移動手段です。自分で運転をしないだけでも大きなメリットになりますので、とても快適に過ごすことができます。駐車場のことを考えたり、いろいろとレンタカーは神経を使いますので、疲れることも多いです。

観光バスのメリットは計り知れない

気を使わないといけないように感じることも多いですが、意外とそんなことはありません。万全とは言えませんが対処方法もありますので、あまり気にせずに利用してみると良いでしょう。