レンタカーも沖縄で移動するときに大きな移動手段になりますが、ここは公共の交通機関と観光バスを比較してみましょう。そうすると意外なメリットが見えています。移動手段に困ってしまうのも観光ですが、その問題をクリアにすることができるでしょう。

公共交通機関のデメリットは待たないといけない

どこも同じですが、公共交通機関は便を待たないといけません。それは沖縄でも同じです。ゆいレールやバスなどを使うことによって、効率よく観光地をまわることができるのも沖縄。特に玄関口である那覇空港からゆいレールは大活躍することになるでしょう。それでも便を待たないといけないデメリットは揺るぎないものです。

観光を終えても、交通機関の便がなければ足止めに遭うことになります。これが観光客の不満になり、これを嫌ってレンタカーの利用をすることも多いです。しかし観光バスであれば運転をする必要はありません。ここに公共交通機関と観光バスに大きな違いが存在しています。

島によって十分な便がないことも多い

本島ではそうでもありませんが、他の島になると公共の交通機関が整っていないことも多いです。そうなると待たされることも多くなりますので、ここに本島以外の島と観光バスと相性が良いことがわかるでしょう。待たされることなく観光スポットをまわることが可能です。

観光バスは計画通りに運行する

計画がすでに決まっていますので、巡りたいスポットが含まれていないと満足度に繋がらないこともあります。しかし決まった時間で運行をしていますので、移動に待たされることはありません。移動をするときもっとも疲れる時間でもありますので、それを軽減させることもできます。

違いを見極めて選択しよう

このように公共交通機関と観光バスに明確な違いが存在していますので、その差異を理解して移動手段を選ぶようにしましょう。観光スポットが縛られることから自由度がなくなるデメリットはありますが、移動手段として観光バスは優秀です。

関連する記事